USBメモリでインストールディスクなどを作ったあと、また再フォーマットして使いたくなった時など、USBメモリが購入時の容量より少ない場合がありませんか?普通にフォーマットしても容量が戻らない場合、下記の手順で容量を復活することができます。

1.コマンドプロンプトを起動して、「diskpart」と入力し、ツールを起動します。
C:\Windows\system32>diskpart
2.「list disk」と入力して、USBメモリのディスク番号を確認します。
DISKPART> list disk
 ディスク   状態      サイズ  空き  ダイナ GPT
 ###                       ミック
 ———— ————  ——  ——  — —
 ディスク 0  オンライン      xxx GB   0 B
 ディスク 1  オンライン      xxx GB   0 B
3.2で確認したディスク番号を「select disk *」と入力します。
DISKPART> select disk 1
ディスク 1 が選択されました。
4.「clean」と入力し、USBメモリの状態を初期化します。
DISKPART> clean
DiskPart はディスクを正常にクリーンな状態にしました。
5.「create partition primary」と入力して、パーティションを作成します。
DISKPART> create partition primary
DiskPart は指定したパーティションの作成に成功しました。
6.「format fs=fat32 quick」と入力し、FAT32でフォーマットします。
DISKPART> format fs=fat32 quick
100% 完了しました
DiskPart は、ボリュームのフォーマットを完了しました。
7.「assign」と入力し、USBメモリを再認識させます。
DISKPART> assign
DiskPart はドライブ文字またはマウント ポイントを正常に割り当てました。
8.「exit」と入力しDiskPartを終了します。
DISKPART> exit
DiskPart を終了しています…

Windowsのディスク管理でも、パーティションを作りなおすことができないので、この方法が一番楽にUSBメモリを復活することができます。
ただし、間違ってもWindowsがインストールされたディスクを選択して、フォーマットしてしまわないよう、十分注意して作業をおこなってください。


☆もしこの記事が気に入っていただけましたなら、SNSでシェアをお願いします。非常に励みになります。 ☆フォロー・配信購読はこちら