Windows 10 Anniversary Updateの配信が開始されていますね。

Windows 10 Anniversary UpdateはWindows Updateからアップデートすることが可能ですが、ダウンロードファイルのサイズが大きいため、ディスク空き容量が20GB必要になります。
しかもダウンロードの時間も含めるとアップデートにかなりの時間が必要になるため、なかなか時間を作るのも難しいのではないでしょうか。

そこで、今回は、Windows 10 Anniversary Updateのインストールメディアを作成して、メディアからアップデートする方法をご紹介します。

この方法であれば、予めダウンロードを先にして、メディアだけを作成することができますので、実際のアップデート作業は別の日にすることができダウンロードとアップデート作業を分離することができます。

さらに、アップデートするPCが複数台ある場合は、このインストールメディアを使いまわすことができるので、ダウンロードが1回だけで済み時間を短縮することも可能です。

Windows 10 Anniversary Updateのインストールメディアを使ったアップデート方法

Windows 10 Anniversary Updateのディスクイメージのダウンロード

  1. MicrosoftのWindows 10のダウンロードページ」へアクセスします。
  2. 「ツールを今すぐダウンロード」をクリックしてメディア作成ツールのファイルを保存します。
  3. ダウンロードした「MediaCreationTool.exe」を実行します。
  4. 「ライセンス条項」に同意します。
  5. 他の PC 用にインストール メディアを作る」を選んで「次へ」をクリックします。
  6. 言語、エディション、アーキテクチャを選んで「次へ」をクリックします。
  7. メディアの選択画面で作成するメディアに合わせて「USBフラッシュドライブ」か「ISO ファイル」を選択して「次へ」をクリックします。
  8. 保存先を指定します。
  9. ダウンロードが完了したら、DVDやUSBメモリなどに書き込みして、インストールメディアを作成します。

Windows 10 Anniversary Updateのアップデート

  1. 作成したインストールメディアから「Setup.exe」を実行します。
  2. いくつか確認事項が表示されますので「次へ」をクリックして進めます。
  3. アップデートが実行され、何度か再起動されます。
  4. 完了するとログイン画面が表示されます。

以上で、インストールメディアからのアップデートが完了です。
Windows Updateからインストールするより、作業時間はかなり短縮されるはずです。

また、この方法でインストールすれば、ハードディスクの空き容量が少なくてアップデートできないPCもアップデートできる可能性がありますので、アップデートの時間がかかりすぎるのは辛いというかたや、空き容量の問題でエラーが出る方、アップデートする対象のPCが多い方などはこちらの方法を試していただければ、スムーズにアップデートを完了することができると思います。

また、Windows10のWindows Updateは自動でファイルのダウンロード等をバックグラウンドで実行していますので、通信容量に制限があるモバイルデータなどを使ってインターネットに接続しているノートPCなどお使いの方は、すぐに速度制限がかかってしまうダウンロードサイズですので、自動ダウンロードが実行される前に早めにWindows 10 Anniversary Updateにアップデートすることをおすすめいたします。


☆もしこの記事が気に入っていただけましたなら、SNSでシェアをお願いします。非常に励みになります。 ☆フォロー・配信購読はこちら