Microsoftの無償アップデートによって、良くも悪くもWindows10になった方も多いのではないでしょうか。
突然Windows10になった方は、操作が変わってしまって戸惑う方もいるかと思いますが、Windows10では新たに便利な機能も多々追加されていますので、便利な機能をご紹介してみたいと思います。
便利な機能を知っていくことでWindows10ともきっとうまく付き合っていけると思いますので、新しいOSに慣れ親しんでみてください。

スタート画面にピン留め

アプリのアイコンを右クリックするとでるメニューの”スタート画面にピン留めする”を選択すると、スタートメニューの右側のエリアにそのアプリのショートカットが作成されます。
Windows7などでは、起動しやすくするためにデスクトップなどにアプリのショートカットを作成していた方も多いかと思いますが、ファイル等と混在してデスクトップが煩雑になり、アプリのアイコンを探すのが大変になっていましたが、この機能でアプリはスタートメニューに整理できますので、デスクトップの整理が可能になります。

ストレージの不要ファイルのを確認と削除

ハードディスクに溜まったいらないファイルを洗い出すための新たに追加された機能です。
これを使うとハードディスクに保存されているファイル等をリストで確認できるようになりますので必要のないファイルを的確に削除できディスクサイズを節約することができます。
この機能は
スタートメニュー → 設定 → ストレージ → 分析したいドライブ
を選択することで使うことができますので、簡単にファイルの整理ができると思います。

スタートメニューからアプリのアンインストール

以前のWindowsでは、コントロールパネルからアプリのアンインストールをしていましたが、アプリ名と違う名前が登録されていたりして、アンインストール作業ってとても面倒でした。
しかし、Windows10では、アプリのアイコンを右クリックすると「アンインストール」メニューが表示sれるようになりましたので、ここから直接削除することができます。
これであれば、要らなくなったアプリは、簡単にアンインストールすることが可能ですし、まちがって別なアプリを削除してしまうこともなくなりますね。

「コマンドプロンプト」でコピペ

Windowsで昔からある「コマンドプロンプト」も進化しています。
コマンド操作でWindowsの設定の確認や操作を行うことができる便利なツールですが、以前まではコピペのショートカットキーが使用できませんでした。
しかし、Windows10ではこのコピペがショートカットキー(Ctrl+c,Ctrl+v)でテキストを貼り付けることが出来るようになりました。ホームページからコマンドをコピーして使うことが多いと思いますので、かなり操作が快適に行えるようになると思います。

Windows7のようなコントロールパネルに表示

Windows10では「設定」というメニューがコントロールパネルにあたる機能をになっていますが、以前のコントールパネルに慣れている方は、前の機能がどこにあるのか迷うこともあるかと思います。
Windows10では、スタートメニューを右クリックと「コントールパネル」というメニューが表示され、これを選択するとWindows7と同じコントロールパネルが表示されますので、以前のコンパネに慣れている方は、こちらを使うと違和感なく操作することが出来ると思います。
実は以前のユーザーのこともよく考えられているOSなんです。

以上、数ある新しい機能のうち、ごく一部だけを紹介してみましたが、これだけでもWindowsが進化していることを感じてもらえると思います。
これ以外にも、Windows10は操作性、機能性がかなり向上していますので、今後も便利な機能や使い方等をご紹介していきたいと思いますので、みなさんもWindows10に少しずつ慣れていってほしいと思います。
また、まだWindows10にアップグレードしようか迷っている方は、これらの機能が使えるようになりますので、早めの決断をされると良いのではないでしょうか。


☆もしこの記事が気に入っていただけましたなら、SNSでシェアをお願いします。非常に励みになります。 ☆フォロー・配信購読はこちら