PDFをAdobe Readerで開いた時、表などの列のみをコピーしたいと思ったことはありませんか?

通常、表や文書などを選択すると選択する行が複数になる場合は、行が全て選択されてしまいます。
「Adobe Acrobat」を使用すれば、表なども簡単に書式をしたままコピーすることが可能ですが、「Adobe Reader」ではそれはできません。

なかなか、表のコピーだけのために高価な「Adobe Reader」を購入するわけにはいかない方がほとんどだと思いますが、実は選択した範囲だけの文字をコピーするということは「Adobe Reader」だけでもできるんです。

以前にご紹介した「スナップショット」機能など「Adobe Reader」には以外に知らない隠れた機能がありますので、今回はその第2弾として、PDFの表の列のみを選択する方法をご紹介します。

「Adobe Reader」でPDFの表の列のみを選択する方法

やり方は非常に簡単で、「Alt」キーを押しながら、選択したい部分はドラッグすると、選択された部分の範囲内の文字が選択されます。
後は、これをコピーするだけで、その文字だけを貼り付けることができます。

やり方は、これだけなんです。
この機能を知らなかった方は、びっくりですよね。
簡単すぎて眼から鱗だったのではないでしょうか。

この方法を応用すると、PDFの表をコピーしたい時、「Alt」キーを押しながら、表の一つの列をドラッグで選択してコピーすると、その列全体をコピーすることができます。
これをExcelに貼り付けすると、行ごとにセルが別れて、貼り付けされます。

この列の選択を繰り返し、1列ごとにコピーして貼り付けていくと、ExcelにPDFの表をコピーすることができてしまいます。

少し、手間はかかりますが、「Adobe Acrobat」を持っていないけど、PDFの表をExcelにコピーしたいという時に、とても役に立ちます。

もちろん、表だけでなく、普通の文書でも選択した範囲内の文書のみをコピーすることができますので、覚えておくときっと役に立つ機能ではないでしょうか。

表、あるいは文書の一部分だけをコピーしたいのにできずに、全てコピーしたあとに、いらない部分を削除していた方や、表をセルごとにコピーしていた方などは、この方法であればかなり作業負担が軽減できますので、一度試してみてはいかがでしょうか。


☆もしこの記事が気に入っていただけましたなら、SNSでシェアをお願いします。非常に励みになります。 ☆フォロー・配信購読はこちら