先日アップデートされたAdobe Acrobat Readerモバイル版アプリにすごい機能が追加されました。

なんと、カメラで撮影した文書がそのままPDFになってしまうという新機能です。

今までは、紙の文書をPDFにしたいときは、スキャナで読み込んで変換する必要がありましたが、これだと外出先では利用できませんよね。
しかし、使うかどうかわからないスキャナをいつも持ち歩くのははっきり言って不可能です。

でも、Androidスマホやタブレットにこの「Adobe Acrobat Readerモバイル版アプリ」をインストールさえしておけば、あとはPDFにしたい文書を撮影するだけでPDFを作ることができます。

これなら、外出先で急に紙の資料をデジタル化したい時や、会議の時のホワイトボードをPDFにしておきたいときなど、すぐに利用することができますよね。

このアプリには、スマホで作ったPDFは、Dropboxなどで、同期する機能も備えていますので、PCで後から見たい時も楽々見ることができます。

通常はPDFを見るためのビューアーとして利用できますし、いざという時に、文書をデジタル化できるツールにもなりますので、インストールしていて損のないアプリではないでしょうか。

「Adobe Acrobat Readerモバイル版アプリ」の特徴

スキャンしてPDFを作成

Androidカメラで撮れるものは何でもPDFに変換できます。文書、ホワイトボード、フォーム、レシート、すべてスキャンして取り込みましょう

まったく新しい注釈機能

全面的に刷新された注釈ツールで、注釈の追加、確認、応答がすばやく簡単にできます。

ページを整理

他のユーザーと共有する前にPDFの体裁を整えましょう。サブスクリプションなら、Androidデバイスでページの並べ替え、削除、回転を簡単におこなえます。

Dropboxに対応

ファイルの保管、アクセス、共有がスムーズ。 DropboxアカウントをAcrobat DCやAcrobat Readerでの作業中に使用できるので、オフィスでも外出先でも効率的に作業できます。

署名を同期

モバイルデバイスで手書きの署名を撮影し、デスクトップのAcrobatに同期することで、オフィスでも外出先でもPDFに署名できます。

PDFを作成して書き出し

サブスクリプションに登録すれば、Acrobat Readerモバイル版アプリでWord、Excel、PowerPointファイルを開いて、それらをPDFに変換できます。

PDFフォームの入力、署名

入力可能なフォームにテキストを入力、指先で電子サイン、保存して他のユーザーに転送、一連の作業を外出先でもおこなえます。

クラウド経由でファイルを保存、共有

ファイルをいつでも手元に。オンラインで安全に保管し、どこからでも簡単にアクセスできます。リンクを送信して他のユーザーと共有することもできます。

「Adobe Acrobat Readerモバイル版アプリ」のダウンロード

「Adobe Acrobat Readerモバイル版アプリ(Google Play)」


☆もしこの記事が気に入っていただけましたなら、SNSでシェアをお願いします。非常に励みになります。 ☆フォロー・配信購読はこちら