ChromeブラウザのシェアがIEを抜いて、世界第1位になりましたね。

シェア率が50%を超えているので、世界のPCで2台に1台にはChromeブラウザがインストールされ利用されていることになります。

確かにChromeブラウザは、WindowsでもMacでもLinuxでも、そしてスマホでもあらゆるデバイスで利用でき、お気に入りなども同期が可能で、とても快適に使えるブラウザのひとつなので納得の数値です。

そんな、便利で高速なChromeブラウザですが、ネットアクセス時、ブラウザ下に「キャッシュを待機しています」などと表示され、ページの表示が遅いと感じたことはありませんか?

Chromeブラウザでは、あらゆるデータをキャッシュする仕組みになっていて、キャッシュを利用することで高速な表示を実現しているのですが、そのキャッシュの中のDNSのキャッシュが増え過ぎると、「キャッシュを待機しています」と表示され、ページが表示されるまで時間がかかってしまうようです。

観覧履歴やダウンロード履歴などのキャッシュデータは、Chromeブラウザのメニューから削除することができますが、このDNSキャッシュついては、ある操作をしてあげないと削除することができません。

しかし、ChromeのDNSキャッシュをクリアすると、ページの表示速度が改善する場合があるので、DNSキャッシュのクリア方法をご紹介します。

ChromeのDNSキャッシュをクリアする方法

  1. Chromeブラウザを起動します。
  2. Chromeアドレスバーに「chrome://net-internals/#dns」と入力しエンターキーを押します。
  3. 表示されたページ中の”Clear host chace”ボタンをクリックします。

以上で、DNSキャッシュがクリアされます。

非常に簡単ですね。
でも、これで再度Chormeブラウザを使ってみると表示速度が改善していると思います。

ちなみに、この操作は、すべてのデバイス(WindowsやMac、linux)で共通の操作が可能になっています。

最近Chromeブラウザが遅くなって来たと感じる場合、DNSキャッシュをクリアすることで、また高速で快適なブラウザに復活する可能性がありますので、お試しください。


☆もしこの記事が気に入っていただけましたなら、SNSでシェアをお願いします。非常に励みになります。 ☆フォロー・配信購読はこちら