Amebaなどのブログサービスを利用していて、独自ドメインのサイトなどに移行などする場合、ブログサービスの記事を削除しても、Googleの検索結果からは、削除されずに、Googleから同じコンテンツとして判定されてしまう場合があります。

Googleの「Search Console」というサービスに「URLの削除」というものがありますが、これは自分の所有するサイトのみに実行できるものなので、サイトの管理が別なところになっているブログサービスなどでは使うことができません。

しかし、実はGoogleでは、「古いコンテンツの削除」というメニューを用意していて、こちらを使うと、自分で管理をしていないサイトでも情報を削除することができます。

使い方は、ほぼ「URLの削除」と同じなのですが、「URLの削除」では、強制的に自分の管理するドメインがアドレスに入ってしまうのですが、「古いコンテンツの削除」は、アドレス全体を指定することができます。

ちなみに「Search Console」サービスの中にはこのメニューが表示されていないので、ヘルプから辿っていく必要があるようです。
中々、見つけるのが大変なので下記にURLを記載しておきます。

https://www.google.com/webmasters/tools/removals

ちなみに私は、自分で管理するサイトの設定で、間違って「https」で始まるアドレスを設定してしまいました。
当然、アクセスすると証明書のエラー画面が表示される状態になっていました。
「https」に対応する予定はなかったので、設定を変更したのですが、気がついた時には、Googleにインデックスされてしまっていたのです。しかし「Search Console」には、「https」のサイトは登録していませんので「URLの削除」は利用できませんでした。
アドレス自体は修正して、存在自体はしていないので、そのうち消えるかなと思っていたのですが、中々消えず・・・。
そこで「古いコンテンツの削除」で削除を試みてみました。すると数カ月消えずに残っていたインデックスが見事翌日には削除されました。案外、早く削除されるんですね。

コンテンツが重複してしまったり、古いコンテンツがずっと残ってしまってお困りの方は、こちらを利用すると削除できる可能性がありますので、お試しください。
なお、古いコンテンツ自体が、既に削除されていることが条件となりますので、ご注意ください。


☆もしこの記事が気に入っていただけましたなら、SNSでシェアをお願いします。非常に励みになります。 ☆フォロー・配信購読はこちら