WordPressには本当にたくさんのプラグインがあり、様々な機能を簡単に追加することができます。
サイトを作成するうえで、やりたいことも色々あると思いますが、大抵のことは、プラグインを導入することでできてしまうことがほとんどだと思います。
ただ、プラグインがたくさんありすぎて、どれを使ったらいいか迷うこともあると思いますので、私のおすすめするプラグインをいくつかまとめてみましたので導入のご参考にしてもらえればと思います。
ここで、紹介するプラグインはどれも、管理画面からインストール可能なプラグインです。

Worpressおすすめプラグイン

AmazonJS

Amazonアソシエイトの商品広告が簡単に掲載できるプラグイン。

AMP

WordPressをGoogleのAccelerated Mobile Pages (AMP) 対応するプラグイン。

Contact Form 7

お問い合わせフォームやアンケートフォーム、採用応募フォームなど何でも簡単に作れるようになるプラグイン。

Custom Post Type Permalinks

カスタム投稿タイプのパーマリンクをカスタム設定できるプラグイン

Duplicator

WordPressのデータを丸ごと複製して簡単にサーバー移転ができるプラグイン。
運用中のWordPressのデータのクローンを作成して、別の場所に移設できます。

FeedWordPress

RSSフィードを読み込んで自動で記事化することができるプラグイン。

Google XML Sitemaps

検索エンジン向けのXMLサイトマップを作成したり新しい記事を公開した時に自動的にサイトマップを更新してくれるプラグイン。

Grab & Save

urlから画像を挿入するときに、その画像URLを指定すれば、その画像をmediaに登録してくれるプラグイン。

List category posts

投稿や固定ページの記事内に指定したカテゴリやタグの記事一覧(記事リスト)を表示できるプラグイン。
カテゴリだけでなく、タグにも対応しています。

Maintenance Mode

サイトがメンテナンス中であることを知らせる画面を表示させるプラグイン。
ただ単にメンテナンス画面を表示させるだけでなく、ログインしている管理者だけはサイトへのアクセスが可能になる便利な機能もあります。

Pixabay Images

パブリックドメイン扱いの写真素材やクリップアート素材を無料で利用できるプラグイン。
商用・非商用を問わず無料で利用できます。

SiteGuard WP Plugin

不正なログインによる攻撃に対しての防御に特化したWordPressセキュリティ向けプラグイン。

SNS Count Cache

TwitterやFacebook、はてブといったブログのシェア数を定期的にバックグラウンドで巡回、更新してこちら側のサーバーにキャッシュとして保持しておくことができるプラグイン。

Twitter Cards Meta

WordPressの記事をTwitter Cards に対応させるプラグイン。

Widget Logic

WordPressのウィジェットに条件分岐タグを指定できるプラグイン。
ウィジェット毎に表示条件を指定できます。
例えば、ウィジェットの内容をトップページのみに表示させたい場合、又は、指定した記事のみで表示させたい場合など、ウィジェット毎に表示させる条件を指定することができます。

WordPress Ping Optimizer

Ping送信を管理してくれるプラグイン。

WordPress Related Posts

記事の下に関連記事を表示できるプラグイン。

WP Clean Up

WordPressの古いリビジョンのデータや不要なデータを一括削除できるプラグイン。

WP No Category Base

WordPressのカテゴリのパーマリンクから「category」を削除するプラグイン。

WP Rakuten Link

投稿ページに「楽天市場 商品検索」機能を追加して、表示もキレイに整えてくれるプラグイン。

ざっと書いただけでも結構な数がありました。
サイトの構成やイメージに合うもの合わないものがあったり、環境によって動作するものしないものがあったりもしますので、色々試しながら、導入していくと良いサイトができると思います。


☆もしこの記事が気に入っていただけましたなら、SNSでシェアをお願いします。非常に励みになります。 ☆フォロー・配信購読はこちら