xubuntuの動作がもっさりしていたり、反応が鈍く感じるとき、CPUの動作クロックが省エネモードで動作している可能性があります。CPUの動作クロックを上げて上げると改善する場合がありますので、動作クロックの確認&変更手順です。

1.「indicator-cpufreq」をインストールします。
$ sudo apt-get install indicator-cpufreq

2.ログオフまたは再起動します。

3.右上に「indicator-cpufreq」インジケータが追加されていますのでクリックします。

4.「Performance」を選択します。
 ※ 各モードのCPUの動作は以下のようになります。
   conservative
    ⇒負荷がかかるとクロックを上げ、負荷が下がるとクロックも下げる(値はゆっくり段階的に変動する)
   ondemand
    ⇒負荷がかかるとクロックを上げ、負荷が下がるとクロックも下げる(値は急に大きく変動する)
   powersave
    ⇒負荷に関わらず、変動可能範囲内の最低のクロックで動作
   performance
    ⇒負荷に関わらず、変動可能範囲内の最高のクロックで動作

以上の設定でCPUの動作クロック上がり、反応が改善します。xubuntuの動作遅くて気になる方がいましたら、お試しください。


☆もしこの記事が気に入っていただけましたなら、SNSでシェアをお願いします。非常に励みになります。 ☆フォロー・配信購読はこちら