CloudReadyにxubuntuをインストールする手順を前回紹介しましたが、これだとxubuntuで日本語等が使えません。
そこで、日本語環境等、環境を整える手順を紹介します。

◎ パッケージ管理ソフトのインストール
sudo apt-get install software-center
sudo apt-get install Synaptic

◎ 日本語環境のインストール
sudo apt-get install fonts-takao
sudo apt-get install ibus ibus-mozc

◎ 日本語環境の設定
sudo update-locale LANG=ja_JP.UTF-8 LANGUAGE=”ja_JP:ja”
echo $LANG
ja_JP.UTF-8 → これが帰ってくれば設定はOK
source /etc/default/locale
「アプリケーションメニュー」→「設定」→「セッションと起動」を起動。
「自動開始アプリケーション」タブを選択し、
名前欄に”IBus Deamon”
コマンド欄に”/usr/bin/ibus-deamon -d”
と入力しOKして、登録します。

◎ Android Studioインストール
sudo add-apt-repository ppa:webupd8team/java
sudo apt-get update
sudo apt-get install oracle-java8-installer
sudo add-apt-repository ppa:ubuntu-desktop/ubuntu-make
sudo apt-get update
sudo apt-get install ubuntu-make qemu-kvm
sudo umake android android-studio

◎ その他ソフトのインストール
sudo apt-get install FileZilla(FTPクラアント)
sudo apt-get install gedit(テキストエディタ)
sudo apt-get install libreoffice(オフィス)

Android Studio、その他ソフトについては、使う場合はお好みでインストールするといいと思います。


☆もしこの記事が気に入っていただけましたなら、SNSでシェアをお願いします。非常に励みになります。 ☆フォロー・配信購読はこちら