スマートウォッチの音声コマンドを利用されている方ってどのくらいおられるでしょうか?
スマートウォッチに限らず、最近のスマホなどでも音声で操作できたりしますが、そこまで利用されてる方は多くないような気がします。CMなどではよくみますけどね。
でも、実際、スマートウォッチの音声コマンドは利用すればするほど、便利さを感じられるものが多いので、今回は、私がよく利用している音声コマンドをご紹介したいと思います。

カップラーメンの時間を図る時

  1. 「OK Google(オーケーグーグル)」とスマートウォッチに語りかけます。
  2. 「タイマー 3分」と語りかけます。
  3. カウントダウンが始まり、時間が経つとバイブでお知らせします。

カップラーメンにお湯を注いでから別なことをしていると「あれ?3分たったっけ??」と思うことがあったので、バタバタしているときによく使っています。
何度も時計を見る必要がなくなったので、3分とう言う呪縛から開放された気分になります。
カップラーメン以外でも、受付などで時間がかかると言われた時もこのタイマーを使って、その店を一旦離れたりという使い方もできたりします。

暗い場所でスマートウォッチのライトを点灯させる時

  1. 「OK Google(オーケーグーグル)」とスマートウォッチに語りかけます。
  2. 「ライト 起動」と語りかけます。
  3. スマートウォッチが白く光ります。

夜、鍵を開ける時に荷物で手が塞がっているときに、このライトを使って鍵穴の場所を確認したりしています。音声だけでつけることができるので、ちょっとしたものを照らすときに重宝しています。

料理中にレシピを検索する時

  1. 「OK Google(オーケーグーグル)」とスマートウォッチに語りかけます。
  2. 「肉じゃが レシピ」と語りかけます。
  3. スマートウォッチに表示された結果をタップします。
  4. スマホにレシピが表示されます。

料理をする時、レシピを一発で表示させられるので、文字を打つ手間が省けてとても便利です。

道に迷った時

  1. 「OK Google(オーケーグーグル)」とスマートウォッチに語りかけます。
  2. 「ナビを開始」と語りかけます。
  3. スマートウォッチに地図が表示されます。

初めて行った場所でスマホを取り出して、マップを見ながらキョロキョロしていると少し恥ずかしい時があるので、そんな時は、これでスマートウォッチにマップを表示させて現在地を確認したりして、歩いています。周りから見ると腕時計を見てるようにしか見えないので、堂々と地図を見ることができます。

スマホ操作中に、メール画面を表示したい時

  1. 「OK Google(オーケーグーグル)」とスマートウォッチに語りかけます。
  2. 「Gmail 起動」と語りかけます。
  3. スマホのGmailが起動します。

スマホをいじっていて、メールが来た時によく使います。音声だけでメール画面を表示できるので、今までの画面を消して、メールアプリをタップして・・・という作業を省くことができます。さっと見たいときに便利です。
ちなみに音声コマンドを変えればGmailだけでなくInboxなど別なメールアプリの起動もできます。

飲み会で割り勘する時

  1. 「OK Google(オーケーグーグル)」とスマートウォッチに語りかけます。
  2. 「30000÷5」と語りかけます。
  3. 計算結果が表示されます。

飲み会などで会計の時に割り勘する時って、計算が面倒ですよね。この方法だとスマホの電卓より早く計算することができるので、酔っていても計算することができちゃいます。

スマートウォッチの便利さは、この音声コマンドだけではありませんが、この音声コマンドをうまく使うと本当に色々なことがスムーズにできるようになります。
今回は、私のよく使っている音声コマンドを紹介しましたが、他にもコマンドはたくさんありますし、使い方は皆さんの考え方次第だと思います。

皆さんもスマートウォッチを手にしたらこの音声コマンドも活用してみてください。


☆もしこの記事が気に入っていただけましたなら、SNSでシェアをお願いします。非常に励みになります。 ☆フォロー・配信購読はこちら