スマホの機種変更ってどうしたら安くできるのか悩んだことはありませんか。
携帯会社の料金プランも複雑すぎて本当にお得なのかどうかわからなくなってきますよね。

そこで、ドコモのスマホを機種変更するのを仮定して、一体、どのやり方がお得になるのか計算してみました。

今回考えたパターンをしては、機種変更なので、最低ドコモ音声通話(番号の変更なし)とキャリアメールは機種変更後も使えるようにすることを前提として次の3パターンを考えてみました。

  • データパックS契約をして、月々サポートを利用して端末を購入する場合
  • シェアパック5を契約して、月々サポートを利用して端末を購入する場合
  • データ通信のみ格安SIMに移行して、端末は別なところから購入する場合

また、機種変更する機種は、ドコモでもSIMフリー端末でも取り扱っている「Nexus5X」で検証します。
そして、端末保証などのオプションは考慮せず、キャリアメールを使えるようにするためのSPモードのみをつけることにします。

【パターン1】データパックS契約をして、月々サポートを利用して端末を購入する場合

このパターンは、家族とのパケットシェアは利用しないで、自分一人で契約する場合のパターンになるかと思います。

契約内容料金
カケホーダイライト1,700円
XiデータMパック5,000円
SPモード300円
端末分割代金【Nexus5X】3,306円
月々サポート-2,187円
月合計8,119円
2年利用の合計194,856円

【パターン2】シェアパック5を契約して、月々サポートを利用して端末を購入する場合

ドコモのスマホを利用している人が家族にいる場合に利用できるパターンです。パケットシェアしているので2人で5GBしか使えないのは実用的ではないと思いますが、他のパターンと合わせるためにこれで計算してみました。もちろんシェアパック10などにすればこれ以上の費用がかかることになります。

契約内容料金
カケホーダイライト1,700円×2名
シェアパック51人目:6,500円
2人目:500円
SPモード300円×2名
端末分割代金【Nexus5X】3,306円
月々サポート-2,187円
月合計12,119円(2名分)
2年利用の合計290,856円(2名合計)
1人当たり:145,428円

【パターン3】データ通信のみ格安SIMに移行して、端末は別なところから購入する場合

ちょっとトリッキーなパターンかもしれませんが、スマホをSIMフリー端末を購入して、データ通信はモバイルルーターで行うパターンです。
モバイルルータの分、持ち歩く端末は増えますが、ドコモショップなどに行く必要はなくなります。
また、すでにモバイルルーターをお持ちの方は、その分の端末代金はそっくりなくなります。

契約内容料金
カケホーダイライト1,700円
楽天モバイル(10GB)1,450円
SPモード300円
Nexus5X端末代金【GooglePlayストア】56,400円
MR-04ln端末代金【楽天モバイル】23,652円
月合計1回目:83,502円
2回目以降:3,150円
2年利用の合計118,152円

SIMカード(事務手数料)【楽天モバイル】 【送料無料】【SIMフリー】【iPhone・Android対応】【格安スマホ】

SIMカード(事務手数料)【楽天モバイル】 【送料無料】【SIMフリー】【iPhone・Android対応】【格安スマホ】

※SIMサイズ、料金プランは通信契約のお申し込み時にご選択いただきます。 ※詳しくはご利用の流れをご確認下さい。 今お手持ちのスマートフォン(iPhone、An...

販売価格: 3,665 円 (2017/11/24 11:35 更新)

販売店舗: 楽天モバイル楽天市場店

パターンをそれぞれ比較してみて

上記パターンで2年使うことを前提にトータルの費用を計算すると、ドコモの月々サポート割を使わない【パターン3】が圧倒的に安いことがわかりました。
【パターン1】もデータMパックをSにすれば、安くなりますが、月2GBのデータ通信料では実用的ではないと思われます。また【パターン2】にいたっては、シェアパック10にしたら、とんでもない額になってしまいます・・・。

月々サポートのような目先の割引に惑わされないことが大切ですね。

【パターン2】の変化形で、モバイルルーターもドコモの月々サポートを使って購入し、格安SIMを差して使うパターンもあったのですが、月1,200円の基本料と500円シェアパックオプションで2年のトータル費用が40,800円になりモバイルルーター単体を買うより高くなってしまうので、今回のパターンからは外しました。

今回検討したパターンの中では、【パターン3】が費用を一番安く抑えられるようです。ただ、1回目にまとまったお金が必要になりますので、分割派の方にはちょっと辛い部分があるかもしれません。
また、今回は、契約数が現在トップの楽天モバイルで計算しましたが、他にも安い格安SIMもありますので、色々調べてみるのもありだと思います。

今後、夏モデルなどたくさん新しいスマホがでてきますが、機種変更したいと考えておられるかたの参考にしていただければと思います。


☆もしこの記事が気に入っていただけましたなら、SNSでシェアをお願いします。非常に励みになります。 ☆フォロー・配信購読はこちら