先日Appleの新しいスマホ iPhone7/iPhone7sが発表されましたね。

今回の発表で驚いたのが、イヤホンジャックの廃止にも驚きましたが、なんと言ってもあのFelicaに対応したということではないでしょうか。

やはり、日本独自の機能とは言っても「おサイフケータイ」は非常に便利な機能で、一度使うとその便利さから「おサイフケータイ」が搭載したスマホを選ばざるを得なかった方もおられると思います。

そんな「おサイフケータイ」が、あのiPhoneに搭載されるというのだから本当に驚きました。こんな日本だけのサービスをあのAppleが採用するなんて・・・。

しかし、Felicaに対応するのは日本版のみになるので、海外版SIMフリーiPhoneを購入した方には搭載されていないのので注意が必要です。

そして、iPhoneがFelicaに対応したからと言っても、「おサイフケータイ」のように様々な電子決済サービスを使えない点にも注意が必要です。

現状iPhone7で利用できる決済サービスは、Suicaとdocomo iDだけとなっています。
現状では、楽天edyやWAON、nanacoといった決済サービスは利用できないようです。

今後、徐々に利用できる決済サービスが増えていくとは思いますが、楽天edyなどの決済サービスをすでに利用されている方は注意が必要です。

FelicaのためにiPhone7を購入するべきか

Suicaやdocomo iDをすでに使っている方は、購入するメリットは大きいと思いますが、楽天edyなどを利用されている方は、少し状況を見てからにしたほうが良さそうな気がします。

もちろんiPhone7はFelicaだけが売りではないので、Felicaを使いたいというだけでの購入は少し早いきがします。

でも、iPhoneで電子決済ができるようになったのであれば、ぜひとも使いたいという方は、今回、発表されたAppleの新製品の中に「AppleWatch2(Apple Watch Series2)」というスマートウォッチが発表されていたのを忘れていませんか?

iPhone7のFelica対応ばかりがクローズアップされていますが、実は、「AppleWatch2」もFelicaに対応しています。
ですので「AppleWatch2」を使えば、今までのiPhoneでFelicaを使えるようになるんです。

「AppleWatch2」のほうがiPhone7より、安く購入することができますし、今のiPhoneを買い替えなくても良く、スマートウォッチとういう新しいツールを手にすることができます。

iPhoneでFelicaを使いたいのであれば、この「AppleWatch2」も十分検討に値するデバイスだと思いますので、検討してみてはいかがでしょうか。

iPhoneでSuicaとdocomo iD以外の決済サービスを使いたい場合

iPhone7ではSuicaとdocomo iDしか決済サービスに対応していないと書きましたが、iPhoneで楽天edyやWAONを使えるようにするデバイスが、次妻もうすでに発売されています。ソニーのスマートウォッチ「wena wrist」です。

こちらも「AppleWatch2」と同じでFelicaを内蔵したスマートウォッチですが、この「wena wrist」は、楽天edyやQuickPayに対応しています。
すでに楽天edyを利用していて、iPhoneでも楽天edyを引き続き使いたいと思っている方は、この「wena wrist」を使えば、iPhoneでの電子決済を実現することがかのうですので、こちらを検討してみてはいかがでしょうか。

ソニーのスマートウォッチ「wena wrist」はiPhoneでおサイフケータイ機能が使え、残高確認もチャージもできるクラウドファンディングで大人気だった注目のウェアラブル端末

Apple PayやAndroid Payなど今後、様々な電子決済サービスが日本に上陸してきて、様々なサービスが展開されていくと思います。
今回のiPhoneのFelica対応のその流れの始まりの一つだと思いますので、自分の利用したいサービスに一致しているかどうか、見極める必要があると思います。

しかしながら、Felicaなどの電子決済サービスは、本当に一度使うと癖になる便利さがありますので、今後、ますます普及していくであろう、このサービスを一度ためしてみるのをおすすめします。

「wena wrist」の購入・詳細

Amazon


☆もしこの記事が気に入っていただけましたなら、SNSでシェアをお願いします。非常に励みになります。
☆フォロー・配信購読はこちら