AMP(Accelerated Mobile Pages)では今まで使えてタグが禁止になっていたり、専用のタグが新たに用意されています。
この辺のタグの対応もしないとエラーになってしまいますので、禁止タグと専用タグの一覧を以下にまとめてみました。

禁止タグ

img
video
audio
iframe
base
frame
frameset
object
param
applet
embed
form
input
textarea
select
option

※ この他にも、使用できるタグの中には、オプションが禁止になっているものもあるので注意が必要です。
(例えばtrタグのbgcolorオプションなど)

専用タグ

amp-ad・・・広告を表示。(Google Adsense)
amp-anim・・・アニメーションGIFを表示。
amp-audio・・・音声を表示。
amp-brightcove・・・動画プレーヤーを表示。
amp-carousel・・・カルーセルを表示。
amp-img・・・画像を表示。
amp-iframe・・・インラインフレームを表示。
amp-image-lightbox・・・画像専用のライトボックスを表示。
amp-install-serviceworker・・・ServiceWorkerをインストール。
amp-instagram・・・Instagramを表示。
amp-facebook・・・Facebookの投稿を表示。
amp-fit-text・・・内容にフィットするフォントを表示。
amp-font・・・カスタムフォントを読み込んで表示。
amp-lightbox・・・ライトボックスを表示。
amp-pinterest・・・Pinterestの画像、ピンボタン、フォローボタンを表示。
amp-twitter・・・Twitterのツイートを表示。
amp-youtube・・・Youtubeの動画を表示。
amp-video・・・動画を表示。
amp-vine・・・Vineの動画を表示。

専用タグで代替しないとダメなタグが結構ありますので、手動での修正は中々大変ではないかと思います。やはりこうなってくるとプラグインの精度がもっともっと上がってきてくれると、楽でいいですね。


☆もしこの記事が気に入っていただけましたなら、SNSでシェアをお願いします。非常に励みになります。 ☆フォロー・配信購読はこちら